介護リフォームとは?

「住み慣れた自宅で生活がしたい」という思いは誰にでもあるはずです。介護リフォームはそんな想いを叶えることができます。

手すりやスロープ、滑りにくくする等、自宅を様々な形でバリアフリー化することで介護を受けるご本人もご家族の方の負担も大幅に減らすことができます。


介護保険制度で悩みを解決!

介護リフォームをする上で大切なのが「介護保険制度」の存在です。介護保険制度内には「居宅介護住宅改修費」という補助金があります。被保険者が必要とするリフォームについて、決められた条件を満たした上で申請すれば、補助金が支給されるという制度です。

当補助金では、被保険者1人につき改修費用20万円までの費用に対し、9割の補助金(18万円)が支給されます。つまり、ご自身のご負担は1割ということになります。この制度があるからこそ介護リフォームの敷居は非常に低いものとなっております。

もちろん、弊社では補助金申請のために必要なアドバイス、ご相談なども承っておりますのでご安心ください。「補助金の申請は難しそうだから...」と感じている方や、「そもそもリフォームもどこから何をすれば良いのかわからない」という方も、懇切丁寧にご案内させて頂きます。まずはお気軽にご相談頂ければ幸いです。



介護リフォームの費用

介護リフォームといっても、実際に行う工事の内容は非常に多岐に渡ります。

弊社では工務店での経験を生かした確かで確実な技術を元に、お客様のご自宅事情やニーズに沿った施工をオーダーメイドで行っております。

そのため、各現場ごとに金額が異なってきてしまうのが現実ではありますが、ここではそれら工事費用の目安を掲載できればと思います。


¥15,000〜¥30,000 手すりの取り付け(ポイント)

¥55,000〜¥80,000 手すりの取り付け(連続)

¥20,000〜¥40,000 部屋出入り口時の段差の撤去(1ヶ所)

¥270,000〜¥320,000 トイレの開き戸を引き戸へ変更

¥10,000〜¥20,000 ドアノブを開きやすいものに変更

¥170,000〜¥250,000 畳をフローリングへ変更(6畳)

¥240,000〜¥350,000 和式トイレから洋式トイレへの変更

¥120,000〜¥230,000 浴室タイルを滑りにくいものへ変更

¥400,000〜¥600,000 浴槽の交換

¥900,000〜¥1,400,000 浴室全体をシステムバスへ刷新

上記はあくまでも一例ですので、実際はもっとリーズナブルに、もしくはその他の方法で解決することも可能かもしれません。是非そういったこともアドバイス出来ればと思いますので、まずはお気軽にご相談ください。

お見積り・ご相談は無料です。



介護リフォームの流れ

1.お問い合わせ・ご相談

お客様から頂きましたお問い合わせ情報を元に、まずはオンライン上にて打ち合わせを行い、現状の確認や最終的なゴールなどを明確にさせて頂きます。もちろん現地調査も可能です。

 

2.プランのご提案

ご相談の中で上がった各施工内容について、実際に何を工事すれば良いのか、またそれらの大体の目安金額をご提案させて頂きます。

 

3.ご自宅へご訪問

実際にお客様のご自宅へご訪問させて頂き、ご提案させて頂いた内容と大幅な相違がないか、また詳細な見積もり金額をご提案させて頂きます。内容に問題ないようでしたらご契約となります。

 

4.役所への事前申請

介護保険やその他助成金の申請手続きを弊社の担当がお手伝いさせて頂きます。

 

5.工事

お客様立ち会いの元、工事前の現状の確認を行った後に工事を行います。大工経験を通して得た確かな技術を持つ技術者たちが、リフォームさせて頂きます。

 

6.お引渡し

工事が完了次第、お客様にお引渡しさせて頂きます。弊社のスタッフが立ち会いの元、お客様に全施工内容をご確認頂きます。万が一気になることや不具合などございましたら、お気軽にお申し付けください。どんな小さなトラブルでも保証させて頂きます。

 

7.役所への事後申請

役所への事後申請を行います。もちろんここでも弊社の担当が、最後までお手伝いさせて頂きます。

文章で見ると非常に大変そうに見えるかもしれませんが、実際には弊社の担当が丁寧に対応させて頂きますので、お客様のご負担はそこまで多くありません。申請や施工のための情報収集は多くの時間が取られてしまいます。それらの時間を無くし、家族との時間を作ることこそが弊社の使命と考えています。ご本人もご家族も安心した生活を送れるために、一生懸命お手伝いをさせて頂きます。